ホームグランドセイコー、キングセイコー、GS、 KSセイコー SEIKO 48クオーツ スーペリア金 4883-8001 SUPERIOR
商品詳細
37(ラグ含む)×40(リューズ含む)ラグ19ミリ
ハック付き(秒針ストップ機能)電池交換済み。
2014.12.31日現在1週間で誤差2秒位で稼動してます。
あくまでも目安です、使用状況や温度差で変わってきます。
文字盤にヤケが有り、裏にカケありますが
全体的に状態は良いと思います。
詳しくはご質問下さい、特定取引法もお読み下さい。
001606099-150511-48800161220

セイコーのクオーツ時計、スーペリアです。
セイコーは1969年、世界初のクオーツ腕時計
「クオーツアストロン」を発売しました。
日差±0.2秒という驚異的な精度を実現し時計メーカーとして
確固たる地位を築いてから、クオーツ時計の
販売を本格化していきました。

クオーツ・スーペリアは1974年に一般の普及品が
月差15〜20秒という精度に対し、月差2秒以内という
超高精度を初めて実現した高級クオーツです。

1976年には保証精度が月差1秒にまで向上しました。
当時は大卒初任給の倍という価格で、まさに憧れのモデルでした。
スペックやディティールの作り込みもしっかりしており、
重厚なケースにはザラツ研磨という
超鏡面仕上げという贅沢な仕様が施されています。
また、文字盤は高級感のある細かいギョウシェ彫りになっており、
インデックスは1分ごとに植字を取り付けるという
手間のかかった贅沢な作り、さらに5分単位にはオニキスと
高級品ならではの品格を漂わせています。3時位置にデイデイト
付きと実用性も兼ねそろえたデザインで日常使用にも
お薦めのハイスペックウォッチです。

1976年の発売時の定価が18万円で、セイコーの当時の市販品
ラインナップでは最上級クラスの「別格」の仕様です。
当時の初任給の約2倍から3倍の価格ですので、現代の価値に置き換えると、
約50万円前後の価値観となります。ほぼ同時期に発売されていた、
グランドクォーツ(グランドセイコー後継機)が8万4千円、
キングクォーツ(キングセイコー後継機)が7万4千円でしたので、
それらの高級時計と比較してもやはり、2倍から3倍の価値を誇り、
君臨していた時計でした。

セイコー SEIKO 48クオーツ スーペリア金 4883-8001 SUPERIOR[150524]

販売価格はお問い合わせください。
[在庫なし]

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス