ホーム昭和レトロ 寺岡式二回転下皿秤 1962年 柳宗理デザイン はかり パール
商品詳細
寺岡精工.1962年.柳宗理デザインによる
寺岡式二回転横皿秤。
発売当時価格34,000円(1964年)水平器も付いてます。
このタイプは低い所に置いて重い物を計る。

汚れ、塗装剥、ヒビ、サビありますが
全体的に状態は良いと思います。
サイズは奥行き約22高さ約43幅約33cm
詳しくはご質問下さい、特定取引法もお読み下さい。
002862199-160217-

日本のプロダクトデザイナー柳宗理が
1964年にデザインした柳宗理デザイン・寺岡はかり
1928年、寺岡式敏感自動はかりを開発・製造し、
日本だけでなく欧米4ヵ国で特許を取得し、
1934年寺岡研究所を創立、温度誤差補正装置を考案し、
自動はかりの量産に着手する。

1938年、寺岡精工所に改称するも第二次世界大戦
のため生産休止を余儀なくされる。
終戦後の1946年、自動はかりの生産を再開し、
1949年、岩手工場を合併し株式会社寺岡精工所を設立、
1958年には新たな下皿自動はかりが
月産1万台を超える程にまで成長する。

1965 年、世界初の電子料金はかりを開発、
1971年、電子はかりのフランスへの輸出を皮切りに、
次々と海外市場を開拓。現在、100数カ国、世界第3位の
シェアを誇るにまで至っている。
また、国内外を問わず、長年培われた技術を活かし、
時代の変化とともに「はかる」から「POS」
そして「店舗ネットワーク」へと事業を展開している。

寺岡式二回転下皿秤 1962年 柳宗理デザイン はかり パール[160224]

販売価格: 19,800円 (税込)
[在庫わずか]
数量:

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス